スタッフ紹介

金属を使わないで、身体にやさしいメタルフリー治療

メタルフリーとは、銀歯などの金属を使わないで、セラミックやジルコニアなどのノンメタルの素材を使って治療をすることです。これにより金属アレルギーや金属イオンによる歯ぐきの黒ずみが解消されます。また、見た目も金属を使用しないので、白く天然歯に近い自然な仕上がりを得ることができます。今後の歯科治療は金属の治療から金属を使用しない“メタルフリー”の治療がスタンダードとなっていくと言われています。当院でもメタルフリーの治療を行っておりますので、ご興味がある方はお気軽にご相談ください。
■ファイバーコア
虫歯などで神経を取ってしまった歯は、歯を支えるために土台を作ります。ファイバーコア

従来では金属の土台(メタルコア)が用いられてきましたが、生体親和性の高いファイバーコアを用いることによって、金属アレルギーや電気の発生を防ぐことができます。
また、金属の色が透けては困る前歯の修復にも適しており、歯根が割れてしまうのを防ぐのにも有効です。

■ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック

ハイブリットセラミックとは、セラミックに微量のプラスチックが混ざった新しい歯科治療用の材料です。奥歯のように噛む力が強くかかる部位や、歯と歯がぶつかり合う部分の歯科治療に広く用いられてます。強度の他に、噛み合う相手の歯を傷めない優しさをもっています。

■オールセラミック

オールセラミック
オールセラミックとは、金属をいっさい使用しないセラミック100%の素材でインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)の治療に用いられます。透明感があり、ごく自然な色調が得られます。耐食性にも優れていますので従来の歯のクラウンとは違い、比較的長期間状態をキープすることが可能です。治療には体にやさしいセラミックを使用しますので、金属アレルギーのある方にも安心してお使い頂けます。

■ジルコニア

オールセラミックジルコニアは、複合材料としては既に人工ダイヤモンド、セラミックス性刃物に、また車の耐熱耐蝕用素材として、さらに医療用としても10年以上前から人工股間節の骨頭などに応用され、優れた生体親和性と非常に高い強度を持っています。ここ数年で歯科の分野でもクラウンなどに幅広く使用されるようになってきいてます。
ジルコニアの優れている点は、従来の保険治療などで使用される金属やレジン樹脂に比べ、審美性、強度、口腔内での腐食がないというところが優れている点です。また、セラミックと比べても強い衝撃に強く近年注目されている素材です。