スタッフ紹介
インプラント画像
インプラント治療とは、歯を失ってしまった方々からもっとも注目されている治療法です。インプラント治療とは、歯の抜けてしまったところにチタン製の人工の歯(インプラント)を植え込んで、人工の歯冠を取り付ける治療です。アゴの骨とインプラント(人工歯根)を結合させた後に人工の歯を装着するので、自然歯と同じように物を噛むことができます。また、歯冠の色や形も最新の歯科技術により、自分の歯と同じようにつくることが可能です。さらに、インプラントはしっかりアフターケアすることにより、半永久的に“自分の歯”を手に入れることができることから、永久歯に続く“第3の歯”といわれています。現在、実用に供されている人工臓器の中では、最も完成度の高いものであると言われています。入れ歯やブリッジに抵抗のある方は、インプラントをお勧めいたします。


■インプラント治療のシミュレーション

・単独歯欠損のケース
歯を 1 本失った場合、従来では隣接する歯を削り、被せ物をするブリッジによる治療をするケースが一般的でした。健康な天然歯を 2 本削らなくてはなりません。このケースでのインプラント治療では、健康な天然歯を全く削らなく治療ができます。
・複数本の欠損のケース
このケースでは、複数の歯が欠損し、インプラント治療とブリッジを併用し修復をはかったケースです。
・無歯顎のケース

無歯顎(歯が全く無い)の状態にインプラントとバーを固定し、総義歯(総入れ歯)を固定したケースです。