診療内容

■一般歯科

◇一般歯科で主にできる治療や症状◇
・虫歯の治療
・歯周病(歯槽膿漏)治療
・根の治療
・詰め物、被せ物(セラミック、メタルボンドは保険外)
・ブリッジの治療
・入れ歯(金属床など一部保険外もあり)
・咬み合せの治療(矯正治療は保険外)

 

■虫歯の治療

・C1の場合

虫歯ができ始めの状態です。虫歯の患部を削って詰め物をする程度で済みます。

・ C2 の場合(軽度)

虫歯が進んで小さな穴が開いた状態。患部を削って詰め物をする程度で済みます。

・ C3 の場合(中度)

虫歯がさらに進行し、大きな穴が開いた状態。歯の根の治療をした後、かぶせ物や詰め物をします。

・ C4 の場合(重度)

歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜かざるを得ない場合もあります。



 

 

■歯周病治療
現在、日本人の成人70%以上が、歯周病だと言われています。 歯周病は「歯の周りの病気」です。歯を支える歯肉や骨が、じわじわと破壊される歯周病は「静かなる病気」といわれ、気が付いた時にはかなり進行しているケースが多いです。

※歯周病を予防するには?
歯周病は正しいブラッシングと生活習慣、定期検診を受けることで予防できます。

※歯周病になってしまった場合は?
ブラッシング指導、歯石除去(スケーリング)、ルートプレーニング(スケーリングでは取りきれない歯の奥深くにある歯石をとる方法)、咬み合せ調整などの初期治療を行い、歯周病を落ちつかせます。その後、必要であれば根本的な治療に移ります。


■口臭治療
口臭の原因は2つあります。 生理的口臭(一時的なものを含む) と 病的口臭(慢性的なもの) 。生理的口臭は(空腹時、緊張時など)、誰でも起こる一時的なものなので、問題ありません。

病的口臭は、胃腸などに問題がある内科学的なものと歯科学的なものとに分けられます。 病的口臭で悩んでいる約 7 割以上は、口腔内が原因だと言われています。

※歯科における口臭の原因
・ 虫歯のある方
・ 歯周病(歯槽膿漏)の方
・ 歯石が多く付着している方
・ 入れ歯の清掃が不十分な方

などがあげられます。これらの口臭は適切な歯科治療をすれば必ず治るものです。もし、あなたも口臭が気になると思ったら、まずはお気軽にご相談ください。


■歯ぎしり
歯ぎしりの原因として下記があげられます。
・ ストレス、心因性が要因になっているもの
・ 習慣性によるもの(くせ)
・ 咬合性によるもの

治療方法としては、
・ナイトガード(マウスピースのようなもの)を装着し歯ぎしり防止をはかる
・日ごろから息抜きをし、なるべくストレスを溜めないようにする。

歯ぎしりをそのまま放置していると、顎関節症の要因になったり、歯が割れたり折れたり、知覚過敏、歯周病などの原困となるため早めにご相談ください。